人に出会ったときの挨拶の英語表現

2017年03月31日

人に出会ったときの挨拶の英語表現

私が英語を飛躍的に上達させた英会話勉強法はこちら

英語の挨拶を教わるときには習う”Nice to meet you”ですが、場合によっては”Nice to see you”と言われるときもありますよね。

また学校では、最初に会ったときの挨拶として習ったのに、去り際に言われることもありますから、混乱してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

これらのニュアンスの違いを今回は紹介します。

[Nice to meet you]



A: Hi, I’m Richard. Nice to meet you.
(やぁ、私はリチャードです。初めまして)

B: Nice to meet you, too.
(初めまして)

これが学校で習ったスタンダードな初対面での挨拶ですよね。

しかし、このmeetは誰かと会う約束をしたうえで会うというニュアンスがあります。

例えばビジネスシーンでも初対面の人と事前に電話やメールで会う約束を取り付けて会うということもあるでしょう。

そういった場合はこのNice to meet youがピッタリです。

また去り際にも「お会いできてよかったです」という意味で使われます。



A: Thank you for your time today. Nice to meet you.
(お時間をありがとうございました。お会いできてよかったです。)

B: You too.
(こちらこそ)

初めましてという意味の印象が強いですが、多くのネイティブが別れ際にも使います。

この場合実はNice to meet youの前にIt wasがつくのが正式な形なのですが、それが省略されているのです。

初めましての意味の時にはIt isがついているのが正式な形で、それが省略されています。

では、次にNice to see youの説明をしましょう。

[Nice to see you]



A: What a surprise Nancy! She is my friend Linda.
(びっくりした、ナンシー!彼女は私の友達のリンダよ)

B: I’m Layla, Nice to see you.
(私はレイラです。初めまして!)

C: Yeah, you too!
(ほんとに!)

Nice to see you場合は、約束して会ったわけではなく、道で偶然出くわしたりした場合に使います。

アメリカ人は偶然出くわしたときに友達がいればお互いに紹介しあうことがごく自然です。

自分から名前を名乗り、初めましてと伝えましょう。

こちらもNice to meet youと同様に別れ際にも使います。

もともと友達の人が会ったとき、出くわしたときにはこちらを使います。

[Good to see you]



A: It was a good time! Good to see you!
(楽しかったー!会えてよかった!)

B: You too! Have a great weekend!
(私も!いい週末を過ごしてね!)

友達同士が会ったときにはNice to meet youNice to see youは使いません。

その場合にはGood to see youを使いましょう。

それ以外にもGreat to see youという表現の仕方もあります。

今回紹介した3つのフレーズは、会ったときにも伝えていたとしても、さらに別れるときにも伝えることが多いです。

私が英語を飛躍的に上達させた英会話勉強法はこちら




posted by 英会話キヨミ at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。