「そういうことか」英訳・英語表現

2016年04月06日

「そういうことか」英訳・英語表現

私が英語力をグングンアップできた方法はこちら

ネイティブは、excuse(言い訳)やexplanation(説明/解説)を、するのがスキです。

「だって〜なんだもん」と言われて、「そうなのか」「そういうことか」と思ったら、すかさず “that’s why” “Ah - ha““ make(s) sense”と返してあげましょう💡

[that’s why]

これだけ聞くと、なにか質問されているようですが、「ははぁ、そういうことか」とか、「だから〜なんだね」「話が飲みこめたよ」のイディオムです。

例 1

A: My Parents are Japanese.
(私の両親は日本人なの。)

B: Oh, that’s why, your eye color is dark brown.
(あぁだから目の色がダークブラウンなんだね。)

なにかが頭の中でつながったら、“that’s why”のひとことだけでも、違和感はありません。

例 2

A: Why don’t you buy apples to make an apple pie?
(なんでアップルパイを作るのにリンゴを買わないの?)

B: Mom will give me apples today.
(今日ママがリンゴをくれるんだよ。)

A: Oh, that's why.
(あぁ、だからか。)

もうひとつ“that's why”を途中で使って、話を整理させることもできます。

例 3

A: You cut your hair too much huh?
(あなた髪切りすぎちゃったのねぇ?)

B: It’s ok, my boyfriend likes short hair, that's why I cut the long hair.
(いいの、彼氏ショートヘア好きなの、だからあの長い髪切っちゃったのよ。)

似た表現ですが、“because why?” と言われたら理由を聞かれています、ニコニコしてうなづいたりすると相手を「???」と、混乱させてしまいます💥

[ ah-ha ]

ご存じ、「あー!」「うん」「お!」の英語バージョンです。

これだけで1日過ごすこともできそうな、簡単でオールマイティな表現です。

「そういうことか」の意味ときは、アーハァと最初のアを強く 語尾を上げずに発音します、勢いよく言うと、こなれた感じがでます。

[ make(s) sense ]

理論的にスッキリしたときの、「そういうことか」「ナットク」を、英語で表現するときにピッタリです。



先生A: it makes sense?
(どう、わかった?)

生徒B: Doesn’t make sense
(いみわかんない / とんちんかん。)

こう言い続ければ、先生はわかるまで説明してくれます。

わかったフリをしないのは、どの勉強でも大切ですね。

“doesn’t make sense“は「つじつまが合わない」の表現にも使います。

浮気発覚の言い訳のあと、このフレーズで一蹴されるほど怖い言葉はありません💨

私が英語力をグングンアップできた方法はこちら






posted by 英会話キヨミ at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。