「楽しかった」の英訳・英語表現

2016年02月04日

「楽しかった」の英訳・英語表現

私が英語力をグングンアップできた方法はこちら

パーティーや旅行などについて話すとき「楽しかったよ!」と言いたい場面は多いですよね☀

しかし、私もアメリカ留学当初はそうだったのですが、日本人が「楽しかった」を表現する際、直訳して”It was fun!”を使う人が非常に多いように感じました。

それも間違った表現ではありませんが、それだけではネイティブや英語が流暢な人達と会話する時、ちょっと物足りない感じがします💦

“It was fun!“以外の「楽しかった」のバリエーションをみていきましょう‼

have a good time

have a good timeは非常にポピュラーな表現です💥

直訳すると「いい時間をもった!」ですが、日本語の「楽しかった」にピッタリな表現になります。

“I had a good time in Hawaii for the 2 weeks!”
「その2週間ハワイで楽しんだ!」

特にgoodを強調したい場合はvery goodとしたり、greatとしてもかっこいいですね‼

“How was your vacation?”
“I had a great time with my family.”
「休暇はどうだった?」
「家族と過ごして楽しかったよ」

口にする際はgreatを強めに発音してください!

なお、会話の中ではあまり気になりませんが、このtimeは可算名詞なので”a”を付ける必要があります。

メールや手紙などに書く際は注意してみて下さい!

have fun

have funhave a good timeとほぼ同等の表現です。

ただし、ここのfunは不可算名詞なので”have a fun”とはならないことに注意してください👀

“At first I thought it was going to be boring, but I had fun after all!”
「最初はつまんないだろうなと思ったけど、結局のところ楽しかったよ!」

enjoy〜

enjoyも過去の経験をポジティブに語るときによく使われる表現です。

enjoyの後は必ず名詞をつけます。

なので動詞を続けたい場合は動名詞を使ってください‼

“I enjoyed running with my friends yesterday.”
「昨日は友達とランニングを楽しんだ」

“We went to Shibuya last night and enjoyed ourselves a lot!”
「昨夜渋谷に行ってすごく遊んだ!」

↑このenjoy oneselfは、日本人には馴染の薄い表現ですが、使えるとかっこいいです✨

例えばenjoy myselfを直訳すると「私を楽しむ」ですが、日本語の「楽しかった」に相当します。

この「自分自身を楽しんだ」というのがいかにも英語的な表現ですね〜👀

日本語だと「海外楽しかった」「ピクニック楽しかった」という様に、自分を楽しませたもの・ことが主語になるケースが多いです。

しかし英語圏の人達の場合、あくまで主語になるのは楽しかった本人!という場合が多いように感じます💨

もちろん、英語でも自分以外を主語にすることもできます。

“San Francisco was so amazing!”
「サンフランシスコは本当にすごかった!」

“The party really got me excited!”
「そのパーティーは本当に面白かった!」

しかし多くの日本人の口からなかなか出てこないのは、自分(楽しんだ本人)が主語になる方です。

あくまで自分にとってどうだったのか、「楽しかった」という時は是非”I”から始めてみてくださいね❗❗❗

私が英語力をグングンアップできた方法はこちら




posted by 英会話キヨミ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。