haveとeatの違い

2015年08月23日

haveとeatの違い

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

スペードhaveとeatの使い分けスペード

学校で、「食べる」はeatと教わりましたが、have dinnerという風に、haveを使って「食べる」を表すこともあります。

その使い訳、違いを例文と共に見直してみましょう。

eatの使い方

例@
I ate frog legs for dinner last night.「昨晩夕飯にカエルの肉を食べたよ!」

★ate=eatの過去形
eatはhaveより「食べる」の意味が強調されるので、なんとカエルの肉を食べた!という感じが伝わります。

例A
I don't eat anything after 8pm because I'm on a diet.「8pm以降は何も食べないようにしてるんだ。ダイエット中だからね。」

★「食べる」行為を強調して言う場合もhaveよりeatを使います。

haveの使い方

例B
Let's have lunch at the park.「あの公園でランチしよう」

★「食べる」ことはさほど重要ではなく、公園でランチという行為やシチュエーションも含めて言い表しています。

例C
I will have dinner with my girlfriend tonight.「今夜彼女と夕飯を食べるよ」

★彼女と食事というシチュエーションに重点があります。ここでeatを使うと、彼女そっちのけで「食べる」方に重きがあるように聞こえて不自然です。

まとめ

eatは、「食べる」行為そのものに重点がある場合に使います。

haveは、eatより直接的に「食べる」ことを言っておらず、シチュエーションや行為を含んだ会話で使います。

★☆日常の会話ではほとんどhaveを使います

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。