英語の命令文

2012年01月13日

英語の命令文

私が劇的に英語力を伸ばした方法はこちらぴかぴか(新しい)

命令文は相手に命令したり、何かを頼んだりする場合に使われる表現です。

命令文には3つのパターンがあり、それぞれを場合によって使い分けなければなりません。

@命令・依頼

例文1

Wash your hands before a meal.「食事の前に手を洗いなさい。」

動詞の原形(〜). で、「〜しなさい。」「〜して下さい。」という命令・依頼の意味を表します。

この際、動詞は文頭にくるので、大文字で書き始めるようにしましょう。

また、動詞の後ろには目的語や他の語も伴うため、be動詞や一般動詞の文とほとんど変わらず、違いといえば主語の表記がされていないことくらいです。

そのため、この単元は比較的簡単であり、文自体も短くなる傾向にあるので、ここで習った文法は完璧にマスターして下さい。

例文2

Please reach me the TV remote control? 「テレビのリモコンを取って下さい。」

命令文にpleaseをつけると、より丁寧な言い方になります。

例文ではpleaseを文頭に持ってきましたが、次のようにコンマで区切って、最後に置いても構いません。

Reach me the TV remote control, please.

こちらにする場合は、必ずコンマで区切るのを忘れないようにしましょう。

A禁止

例文3

Don’t make noise here! 「ここで騒ぐな!」

Don’t + 動詞の原形(〜). で、「〜するな。」「〜しないで下さい。」という禁止の意味を表します。

命令文にdon’tをつけるだけなので、非常に簡単ですね!

ちなみに日本では、「気にしないで。」という意味で、「ドンマイ」=「Don’t mind.」という言葉を使いますが、普通英語ではこのような言い方はしません。

英語では、「Don’t worry.」と言ったり、「Never mind.」と言ったりするので、正しい言い方を覚えておきましょう!

B勧誘

例文4

Let’s go shopping. 「買い物に行きましょう。」

Let’s + 動詞の原形(〜). で、「(一緒に)〜しましょう。」という勧誘の意味を表し、let’sはlet usの縮約形です。

また、「〜しないことにしましょう。」と言いたい時は、let’sの後にnotをつけて下さい。

Because today’s weather report is for rain, let’s not go shopping. 「今日の天気予報では雨なので、買い物に行くのはよしましょう。」

notの位置に注意すれば、他は特に問題ありません。

このように、命令文のパターンはそれほど多くないため、確実に点が取れる単元になります。

また、英作文での出題が多いので、文法構造をきっちり押さえておきましょう!

私が劇的に英語力を伸ばした方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。