littleの意味と使い方

2015年06月30日

littleの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

日本人に馴染みの深い英単語の一つlittle

幼稚園で「One little two little three little Indians・・・」という歌をならった人も多いはずです。

この歌を直訳すると

「一人小さいインディアンがいるよ、二人小さいインディアンがいるよ。三人小さい・・・・・・」

となります。

そしてこの歌の最後は「Ten llitle Indians are boys.」となっています。

「10人の小さいインディアン達は少年だった」という意味です。

少年の体の小ささをlittleと表現しているわけですね。

そして、一般の日本人にはlittleとは「小さい」という意味がよく知られています。

しかし、英語の授業を思い出すと出てきますがlittleには「量が少ない」という意味があります。

前にaがついたa littleだと肯定的、前にaのないlittleだと否定的になります。

There is a little water.

水が少しある

There is little water

水が少ししかない

と言った具合です。

そして、実際の英語の生活ではlittleを使用するのははこちらのほうがずっと多いです。

littleを小さいという意味で使うこともありますが、小さいという意味ではsmallを使用することのほうが圧倒的に多いです。

littleは「多い」という意味のmuchの対義語として覚えておいたほうが実践では役に立ちます。

日本人に馴染みの深い単語だからこそ、ちゃんとした意味を捉えて会話したいものです。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 英会話キヨミ at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。