病院の英訳・英語表現

2015年06月01日

病院の英訳・英語表現

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

日本語でも○○病院とか○○クリニックと言うようにいろいろな言い方をするのですが、英語でも同じ病院でもニュアンスや意味の違いのある表現があります。

(ちなみに日本語では病院のベッドの数で呼び方に違いが生まれるようです。)

(1) hospital [ホスピァル]

この表現は内科や外科、皮膚科などいろいろな科が入っているような総合病院を指します。

必然的に病床数も多い大きな病院になりますね。

ex. After turning next corner, you can see the university hospital on your left.
(次の角を曲がったら、左手に大学病院が見えますよ。)

DSC00633c1.JPG

(2) clinic [クリニック]

こちらは住宅街にでもあるような単科の病院のことを指します。

英語では病床数で表現が変わると言うことはありませんので、大きなサイズでも単科であれば”clinic”と表現することができますよ。

ex. My dream is to be a doctor and have my own clinic of the internal department.
(私の夢は医者になって内科の病院を開業することです)

【まとめ】
hospital:(いろいろな科がある)病院
clinic:(単科の)病院

【紛らわしい表現】

- go to hospital直訳すると「病院へ行く」となる表現ですが、実は英語のニュアンスでは入院を伴う表現になってしまうんです。

『今まで病院へ行くだけなのに"go to hospital"って言ってたなぁ』って言う人も多いんじゃないでしょうか?

学校の教科書などにも、風邪をひいて病院に行くようなシチュエーションで"go to hospital"と言ってしまっているので、仕方ないことですがネイティブとの会話ではニュアンスもしっかり理解したいですよね。

これからは単に病院を受診するときは”see a doctor”を使うようにしましょう。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。