聞くの英訳・英語表現

2014年04月18日

聞くの英訳・英語表現

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

中学校でも最初の方に学ぶ“聞く”と言う言葉にもいくつかの表現があります。

【聞くの英訳・英語表現】

(1) hear [ヒァ]

この単語は“勝手に聞こえてくる”ものに対して使います。

例えば、隣のテーブルで交わされている会話や、街を歩いてくると聞こえるBGMなんかがそうですね。

自分から聞く気はないのに、耳に入ってきたものに対して使うことができますよ。

例文: I hear some noise in the next room.
(隣の部屋から何か雑音が聞こえる)

(2) listen [リッスン]

これは“自分から積極的に聞く”と言うニュアンスで使われます。

漢字で説明される時にはよく“聴く”と書かれることが多いですね。

自分で耳を傾ける、聞きたい音楽やラジオを聴く場合などに使いましょう。

例文:When I cook dinner, I listen to the radio every day.
(夕食を作るときには、毎日ラジオを聞きます)

071031PersonalWoodenRadio-01.jpg

(2) ask [アスク]

これは何か知りたいことがあるときに“尋ねる”と言うニュアンスで使われます。

尋ねると聞くは日本語でも同じシチュエーションで使われますよね。

お伺いを立てる場合にも使えますよ。

例文: I just want to ask him to drop me off on the way to his home.
(彼の家への途中で僕を降ろしてくれるか聞きたいんだ)

(3) inquire [インクワィア]

これは”ask”と同じシチュエーションで使うことができるのですが、 より形式ばった丁寧な言い方で、よく文章に出てきます。

ask”でも丁寧な印象は与えませんが、普段接することがないような目上の人に対してや、論文やビジネスでの正式な書類等はこの”inquire”を使うほうがいいでしょう。

【まとめ】
hear:(勝手に耳に入った時・たまたま)聞く・
listen: (自主的に)聴く・耳を傾ける
ask:(わからないことを)聞く・尋ねる
inquire:askをより丁寧に表現する単語

【紛らわしい表現】

- here

同音異義語の一つで、こちらは「ここ」と言う意味ですね。

hear”と”here”はカタカナにしてしまえば全く同じですが、”r”の発音がポイントです。

もし発音が効き比べられなかった場合でも、文章で使われると前後の意味から推測できると思いますから、しっかりと聞いて区別しましょう・

-inquire you of とask you about

これらはどちらも「あなたに(of/about以降)を尋ねる」と言う意味になります。

同じ意味を持つと説明した”ask”と”inquire”ですが、一つのセンテンスにした時に使う前置詞が異なりますので、注意してくださいね。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。