楽しみ!の英訳・英語表現

2014年03月31日

楽しみ!の英訳・英語表現

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

何かを楽しみにしているとき、待ちきれないときに使える英語表現です。

【楽しみ!の英訳・英語表現】

(1) I’m (so) excided

これは自分が“これからあることに対して興奮してわくわくしている”といったニュアンスの表現になります。

どちらかと言えば、友人との会話に使われることが多く、例えばスポーツ観戦やライブ、久しぶりに会う友人や“日常ではなく稀にあるもの”に対しての楽しみにしている気持ちを伝えるのにピッタリですよ。

文法的には受動態で「私は(何かに)興奮させられる」と直訳され、意訳で「楽しみだ・興奮している・わくわくしている」という風に使うことができます。

(2) I’m looking forward to 〜

これは”to”の後に動名詞を置いて「〜を楽しみにしている」という表現になり、会話でも文章でもよく使われます。

オフィシャルでもプライベートでも使えるとっても便利な表現なんですよ!

ほぼ初めて会った面識がない人に対しては”I look forward to〜”とするとよりかしこまった表現になります。

8581_image_pc.png

(3) I can’t wait to 〜

直訳すると「〜するのを待つことができない」となり、“待ちきれないほど楽しみ”というニュアンスになります。

長い間楽しみにしていること、ものすごく熱望していることなどに対して使ってみましょう。

“本当に楽しみ”と気持ちが入っているものに対して使うほうが好ましいですよ。

(4) Nothing gives me more pleasure than 〜

“than”以降に名詞や動名詞を置いて「〜以上に私に楽しみをもたらすものはない」と訳すことができる、今回紹介した中でも一番“楽しみにしていること"への期待度が現れている表現です。

毎回使うような表現ではありませんが、自分のなかではとびっきり楽しみだ!というようなときに使ってみたいですね。

実際はそこまでではなくても、“楽しみにしていること”を強調したくて、この表現を使う人もいますよ。

【紛らわしい表現】

- I’m exciting

(1)のI’m (so) excitedと似ているこの表現ですが、進行形にしてしまうと全然意味が違ってしまうので気を付けてくださいね!

一件同じ意味に見えますが、実はこれ「私は、(他の人を)興奮させることができる」という意味になってしまうんです。

冗談で使うことはあるかもしれませんが、あまり使わない表現ですよね。

楽しみ!と伝えたいときに間違って使わないようにしましょう!

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。