I just want to〜の意味と使い方

2014年02月21日

I just want to〜の意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 just want to〜 《ジャスト ウォン トゥー》

【意味】ただ〜したい、ちょっと〜したいだけ

【例文1】褒めたのに…

A. Hi Amy! You look different today. Did you change something?
(やぁエイミー!今日はなんだかいつもと違うね。何か変えた?)

B. Nothing. You can’t get around me with flatter.
(何も。お世辞を言っても無駄よ。)

A. I just want to say you look great today! You have a wrapped mind.
(僕はただ今日は素敵だねと言いたいだけだよ。君はひねくれているなぁ。)

20081110-1.jpg

【例文2】会議中にビル

A. Excuse me, can I leave the room for a second?
(すみません、ちょっとの間席を外してもいいですか?)

B. Sure. Do we take a coffee break for 30 minutes?
(もちろんです。30分の休憩をとりましょうか?)

A. No, it’s fine. I just want to call to my office.
(いえ、結構ですよ。私はちょっと会社に電話したいだけなので。)

【ニュアンス解説】

“I want to〜”というフレーズが「〜したい」と言う意味を持つことをご存知の方は多いかもしれませんが、これに”just”という単語をプラスするだけで、“したいこと”をより強調できるフレーズになります。

訳し方は前後の文章によって変わってきますが、例文にあるような「ただ〜したいだけ」と言うような限定としても訳せますし、「ちょうど〜したい」という風に訳すことも可能ですよ。

単語一つを入れるだけで自分の願望がぐっとフォーカスされますので、覚えておくと便利な表現です。

同じ意味で”I only want to〜”といういい方もありますが、こちらはあまり使われていません。

また”All I want to do is 〜”で、“私のしたいことは〜だけ”と言う似たような表現をすることもできますが、このフレーズは”I just want to 〜”よりも、より願望を強調している表現になります。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 11:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく参考になります!!
これからも更新楽しみにしています♪
Posted by あさみん at 2014年02月24日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。