Don't make me say it againの意味と使い方

2014年01月30日

Don't make me say it againの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 Don’t make me say it again《ドン メイク ミー セイ イッタゲイン》

【意味】同じことを何度も言わせないで

【例文1】片づけブティック

A. I told you please clean up your room every single day.
(お部屋は毎日綺麗にしなさいって言ったわよね)

B. I’m so tired. I will do that at some time.
(すごく疲れてるんだもん。そのうちするよ。)

A. You always say so. Don’t make me say it again!
(いつもそう言ってるでしょ。同じことを何度も言わせないで!)

【例文2】電話中電話

A. Sorry Amie. I forget that which day we make promise to go on a date next time.
(ごめん、エイミー。次にデートする約束の日がいつだったか忘れちゃって。)

B. Again? Don’t make me say it again. You should make a note.
(また?同じことを何度も言わせないでよ。あなたはメモしておくべきだわ。)

A. Sorry…I’ll try to remember.
(ごめん…覚えておくようにするよ。)

【ニュアンス解説】

今回紹介するフレーズは、怒りのニュアンスを持った“Don’t make me say it again”です。

このフレーズは学校で命令形と習うものの一つですから、言われた相手は少し威圧感を感じてしまうかもしれません。

ですから、本当に怒ったとき、また子供を叱るとき、上司が部下に言うなどのシチュエーションで使うことが考えられます。

またこのフレーズは”Don’t make me tell you again”にもいいかえることができ、意味は同じです。

英語で感情を表現するのはなかなか簡単ではありません。

今回の怒りのニュアンスを持ったフレーズだけでなく、喜びや嬉しさ、寂しさなどを表現できるボキャブラリーが増えると、外国人との会話もより楽しくなりますよ。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。