I wonder if you couldの意味と使い方

2014年01月23日

I wonder if you couldの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 I wonder if you could〜《アイ ワンダー イフ ユー クッド》

【意味】〜してもらえないでしょうか?

【例文1】ミーティングビル

A. I wonder if you could help me to reschedule the meeting.
(ミーティングの再調整に協力してもらないでしょうか?))

B. Sure! When do you have time?
(もちろん!いつなら大丈夫?)

A. Thank you. I’m available early next week.
(ありがとうございます。来週のあたまなら大丈夫です。)

【例文2】体調不良病院

A. I wonder if you could allow me to go back home now.
(今から帰宅することを許可して頂けないでしょうか?)

B. What happen? Something wrong with you?
(どうしたの?調子でも悪い?)

A. I may have fever, so I want to keep quiet in bed.
(熱があるかもしれないので、安静にしておきたいんです。)

【ニュアンス解説】

今回紹介するのは、誰かにお願いをするときに使うフレーズです。

お願いするときの表現方法は様々ですが、この表現はかなり丁寧な表現になりますから、目上の人・上司また、初対面の人などに使ってみてくださいね。

“I wonder if you could”の後に来るのは動詞の原型になりますから注意しましょう。

また”could”の代わりに”would”が使われることもありますが、同じ意味で訳して問題ありません。

他に相手に依頼するときの表現は、このようなものがあります。
・ Please〜
・ Could you help me to〜?
・ Why don’t you 〜?
これらのフレーズは”I wonder if you could”に比べるとカジュアルですが、失礼にあたるような表現ではありませんから、安心して使ってくださいね。

英語には日本語ほど改まった敬語と言うのはありませんが、丁寧な表現も多いです。

いろいろな表現を覚えて、英語で話すことに慣れてきたら、少しずつでもそういった表現を相手に合わせて使い分けることができるようになりたいですね。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。