A little bird told meの意味と使い方

2013年12月22日

A little bird told meの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 a little bird told me《ア リトル バード トールド ミー》

【意味】風のうわさで、小耳にはさんだ、ある人から聞いた、風の便りで

【例文1】結婚リボン

A. Emily, you will get married next year, right?
(エミリー、来年結婚するんだって?)

B. That’s true but how did you know that?
(それはそうだけど、なんで知ってるの?)

A. A little bird told me. Who is the lucky guy who can marry you?
(風のうわさで聞いたんだ。君と結婚できるラッキーな男は誰なの?)

【例文2】妊娠

A. I know your great news because a little bird told me! Congratulation on your pregnancy!
(ある人から聞いたから、あなたの素晴らしいニュースを知っているの!妊娠おめでとう!)

B. Who did tell you? Anyway thank you! I’m so excited.
(誰が言ったの?とにかくありがとう!すごくわくわくしてるの)

A. I’m so happy too! When is the estimated delivery date?
(私もうれしいよ!いつが出産予定日なの?)

【ニュアンス解説】

出所が分からない話や、人から漏れ聞こえてきたことに対し、日本では「風の便り」と言って、風が運んできたという風に表現しますが、英語では今回のフレーズのように「鳥が運んできた」と言う風に表現します。

小鳥が内緒の話を運んでくるというのは、想像しただけでもとても楽しい気分になりますよね。

慣用句は国の文化や発想を知ることができるところが面白い点でもあります。

他にも
A little bird said so
A little bird whispered to me
A little bird tweeted to me
と言うこともあるのですが、どれも同じ意味で使うことができますよ。

こう言った直訳では意味が分からなくなるような慣用句が使いこなせるようになると。英語の知識も能力も上がってきているなと感じることができるでしょう。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。