never mindの意味と使い方

2013年12月20日

never mindの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 never mind《ネバー マインド》

【意味】気にするな、心配するな、ドンマイ

【例文1】仕事で物忘れビル

A. I’ m really sorry I forget to reply you yesterday.
(昨日返信するのを忘れていて申し訳ありませんでした。)

B. Never mind! It’s not the urgent.
(気にするな、急な用件ではないんだ。)

A. Thank you boss, I will check and reply you soon.
(ボス、ありがとうございます。すぐに確認して返信します。)

【例文2】連敗サッカー

A. Oh my god! We lost again… We already lost 3 games in a row.
(なんだよ、また負けちゃったじゃん。もう10連敗だよ。)

B. Never mind. I guess you can stop a losing streak at 3.
(ドンマイ。きっと連敗は3で止めれるよ。)

A I hope you’re right. Anyway I’m going to the practice right now!.
(そうだといいけど。とにかく今すぐ練習行ってくるよ!)

【ニュアンス解説】

この表現は誰かが何かに失敗したとき、誰かを励ましたいときに使うことができます。

失敗して元気のない人が周りにいたらこうやって声を掛けてあげるといいでしょう。

海外ドラマなどでも本当によく聞くフレーズで、筆者がアメリカでダンスチームに所属した時も、よくこうやって声をかけられました。

単純なフレーズなのですが、声をかけてもらうと元気をもらえるフレーズです。

例文1のように失敗を謝られたときに使うえる似たフレーズは”That’s OK”や”No problem”があり、特に使い分けはないのですが、例文2のような励ますシーンでこの二つを言うとバカにしてしまっているようなニュアンスになるので気を付けてくださいね!

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。