Do you 〜?の意味と使い方

2013年12月11日

Do you 〜?の意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 Do you 〜? 《ドゥー ユー 〜?》

【意味】あなたは〜しますか?

【例文1】生まれた国の言葉

A. Where are you from?
(どこ出身ですか?)

B. I was born in the US but raised in Spain.
(アメリカで生まれたんだけど、育ったのはスペインなんだ)

A. Then, do you speak English?
(じゃあ、英語を話しますか?)

【例文2】日本食レストランでレストラン

A. This is my first time to come to Japanese restaurant! I’m so excited!
(僕は日本食レストランに来るのは今日が初めてなんだ!すごく楽しみだよ!)

B. Enjoy you meal. By the way, do you use chopsticks?(食事を楽しんでね。そういえば、お箸を使う?)

A. I’m not familiar with it these but I wanna try!
(お箸は得意じゃないんだけど、でも挑戦してみたいな!)

【ニュアンス解説】

今回紹介した”Do you〜?”は中学校の英語の授業では必ずと言っていいほど出てくるフレーズですね。

そんなフレーズを今回どうして紹介するかというと、他のフレーズと混同して使ってしまっている人がいるからなんです。

今回の例文を見て『英語を話せる?』って聞きたいときは“Can you speak English?“じゃないの?と思った人はいないでしょうか。

「教科書で“Can you speak English?”と習ったよ」という人もいらっしゃると思います。

しかし、今回のように言語をしゃべれるかどうかや、何かを使えるかどうかなどを相手に聞くときは“Do you〜?”を使ったほうが無難です。

なぜかというと、”Can you〜?″はspeakやuseなどの単語と使うと相手の能力を問う意味を持ってしまい、「〜することができるのか?(できないだろう)」というようなニュアンスを持ち合わせているので、失礼にあたる場合があるからです。

Do youの後にはいろいろな動詞を置くことができますが、”Can you”の持つような嫌味っぽいニュアンスを持っていないので、相手に不快感を与える心配がありません。

特に初対面の場面では、これはできるのかな?など相手に興味を持つと聞きたいことがたくさん出てくるかもしれませんが、そういう時こそ”Do you〜?”を使って相手と更に中を深めることができるといいですね。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。