It’s high time 〜の意味と使い方

2013年11月17日

It’s high time 〜の意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】 It's high time〜 《イッツ・ハイ・タイム》

【意味】「そろそろ〜してもよい頃だ」「もうするべき時間だ」

【例文1】よくある光景ペン

A.Kids, it’s high time you went to bed. (子供達、もう眠る時間ですよ。)

B.No, I really want to watch this TV show!! (えー!テレビを見ていたいのに!)

A.It’s around 9 o’clock.You can watch that TV show tomorrow again.
(もう 9時よ。明日また同じテレビ見られるから!)

【例文2】お金は大切に!ふくろ

A.I spent all of my money on shopping. (金は全て買い物につぎ込んでしまった。)

B.It’s high time you started thinking about saving for a rainy day.
(困ったときの為にそろそろ貯蓄を考えたらどうかね?)

A. Yes, I will. (そうします。)

【ニュアンス解説】

Time と出てはきますが、すでにこれはイディオムとして成り立っているので、そのまま覚えちゃってください。

日常で、すでにそうすべき時だったのに、まだしていない、実際と異なる現実を表現する時に使います。

だからこの例文でいうと、すべてyou の後に動詞の過去形がきていますね。これは仮定法過去用法です。

例文1は、子供と親のやりとりでよく見られる光景ですね。

例文2の a rainy day は、もちろん雨の日という基本的な意味はありますが、困った時に、まさかのときにという慣用表現にもなります。

また、もしもうそろそろだと思っていた、という表現にしたいときには、
It’s about time. で、ようやく、やっとだ、という感じを表すことができます。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 英会話キヨミ at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。