(How) time fliesの意味と使い方 の意味と使い方

2013年11月01日

(How) time fliesの意味と使い方 の意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】(How) time flies《タイムフライズ》

【意味】「時の経つのは早い」「光陰矢のごとし」

【例文1】そんなに会わなかったっけ?

A.「It’s been a long time.」(お久しぶりね!)

B.「It sure has.」(そうだね。)
(It’s been a long time の答えとして定番)

A.「It was still summer when I saw you last.」
(前に君に会ったときはまだ夏だったよ。)

B.「Gee, time flies!」
(えー!時の経つのは早いなあ!)

【例文2】パーティにもう少しいたいけど

A.「Oh it’s almost 8. I have to go. How time flies.」
(あれ、もう8時か。もう行かないと。時間が過ぎるのは早いなあ。)

【例文3】甥にひさしぶりに会った

A.「Uncle Tom, I am Bob.」(トムおじさん、僕はボブだよ。)

B.「Oh my god, Bob, you’ve grown up! I can’t believe this! How time flies!」
(えっ?ボブ、大きくなって。信じられないよ。時の経つのは早いなあ。)

【ニュアンス解説】

毎日忙しく学校、仕事にいって1日を過ごしていると、時間が矢のように去って行きます。

3ヶ月、半年、1年、大人になればなるほど、そのスピードは早くなっていくように思えますね。たらーっ(汗)

そんなとき、このTime fliesを使います。fliesは、単純にflyの三人称単数形です。

時はまさに、飛んでいくように過ぎていくのを表現している上手い表現ですが、日本人英語ではちょっと思い付かないかもしれません。こんなフレーズがさくっとでてくるようになりたいものです。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 英会話キヨミ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。