That's ridiculous!の意味と使い方

2013年05月03日

That's ridiculous!の意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】That's ridiculous! 《ザッツ リディキュラス》

【意味】ばかげてる!、ばかみたい!

【例文1】クビむかっ(怒り)

A.My boss told me that I was fired!
(ボスに解雇だって言われたの!)

B.What? Why does it happen?
(え?なんでそんなことになるの?)

A.I have no idea. That's ridiculous!
(わからないわ。ばかげてる!)

【例文2】上司

A.She won't give us the vacation because she has nothing to do.
(あの上司、自分がすることがないからって私たちに休暇をくれないんだって)

B. I can't believe that. That's ridiculous!
(ありえない!ばかみたい!)

A.We should appeal directly to the president,
(私たち社長に直訴すべきよ)

【ニュアンス解説】

"ridiculous"と言う単語は「ばかげた、ばかばかしい、おかしい」と言う意味の形容詞ですが、これに"That's"をつけることによって、「ばかみたい!」と“ありえないことに対してばかばかしいと批判する”と言うニュアンスを持ちます。

“普通に考えたらそんなことはありえない”と思うようなことが起きた場面で使うようにしてください。相手がありえないような冗談を言った場面でも使うことができますよ。

同じ意味ではありませんが、驚きを含んだ否定的な表現にはこういったものがあります。

- I don't buy that. (それはいただけない)
- That's strange. (それは変だ)
- Give me a break. (冗談やめてよ)
- You're kidding! (うそでしょ)
- That's weird! (それはおかしい)

ネイティブは会話の節々にこういったフレーズを挟んできます。また会話にこういったフレーズを使えると、会話のキャッチボールが弾みやすく話の幅も広がるので、覚えておくといいと思います。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。