Keep in mindの意味と使い方

2013年03月18日

Keep in mindの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】keep in mind 《キープ イン マインド》

【意味】覚えておく、心に留める

【例文1】会議

A.We have the meeting this afternoon, right?
(午後から会議だったよね?)

B.No, it's tomorrow. Please keep in mind.
(いえ、明日です。覚えて置いてくださいね)

A.OK, thanks.
(わかった、ありがとう)

【例文2】初めての…飛行機

A.This is my first trip to US.
(アメリカに行くのは初めてなんだ)

B. You have to tip people everywhere.
(どこでもチップを渡さなきゃいけないよ)

A. I'll keep that in mind
(心得ておくよ)


【ニュアンス解説】
このフレーズは直訳すると「心に持ち続ける」という訳になり、そこから発展して覚えておく、心に留めておくと言った訳になります。

例文2のようにkeepとinの間にthatやthisやitを入れることもでき、間に入れることで何を覚えておくのかを明確になるんですね。

相手に対して覚えて欲しいことがあって「ちゃんと覚えておいてね」と呼びかけたいならPlease make sure to keep in mind.と言う風に使います。

訳す上では、「覚えておくよ」はもちろん「忘れないよ」と言う風に意訳して使ってみてもいいでしょう。

rememberという動詞がありますが、この動詞は「思い出す」という意味の他に「覚えている」という意味にも訳せますが、熟語にすると“retain in memory”となり、「(既に)覚えている、記憶している」という意味になり“もう既に頭に入っていること”というニュアンスで使います。

Keep in mindは“これから”というニュアンスが含まれています。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 英会話キヨミ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。