No wayの意味と使い方

2013年02月20日

No wayの意味と使い方

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)

【フレーズ】No way! 《ノー ウェイ》

【意味】まさか!、ホントに!?、とんでもない!、いやだ!、ええ!?

【例文1】離婚!?

A.I heard that Mike and Kate would divorce.
(マイクとケイト離婚するらしいよ)

B.No way! They were like the best couple in the world.
(まさか!世界一のカップルって感じだったのに)

A. I can't believed that.
(信じられないよ)

【例文2】デートに・・・

A.How about ask him to go out?
(彼をデートに誘ってみたら?)

B.No way! He is Jenny's ex!!
(いやだよ!彼ってジェニーの元カレじゃん!)

A.No one will care.
(誰も気にしないよ)


【ニュアンス解説】
驚くことを聞いたとき、なにかを言われて否定したいときに使われるフレーズですが、映画などでもよく聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

無理・ありえないというニュアンスで使われるのでThat should not happenと同じような意味で使われますが、こちらのほうがより口語的です。

文章にするとThere is no wayと表現されるのですが、会話が簡潔にいくようNo wayとして使われています。

Laterと似ていますね。

私が英語力をグングンアップできた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 英会話キヨミ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。